ヤマザキ屋とは

ヤマザキ屋は長野県松本市内東町に大正14年(1924年)に創業しました。
昭和初期に市内大名町に店舗を拡大、当時は手作りの靴職人10名ほどの店を構え、注文生産をしておりました。今でいうビスポークといえます。

戦後現在の場所に移転し、昭和25年に株式会社として発足しました。

注文生産は昭和50年ごろまで小売りと並行して行われていました。その頃、既製品が安く出回るようになって注文靴は自然消滅しました。以来小売りに徹するようになりました。
製造販売の知識、ノウハウ、技術などを仕入に生かし、はきよい靴を追求して参りました。

さらに2000年より、直接ヨーロッパの展示会で買い付けすることで、履きよく品質の高い輸入品をリーズナブルな価格で販売することが可能になりました。

ヤマザキ屋では、代理店を通さず、ヨーロッパのメーカーと直接取引することにより、中間マージンをなくし、できる限りお買い得なお値段で販売できるように心がけてまいりました。
さらに

 

 

がございます。なお、円高、円安など為替の変動により価格が上下いたしますことをご理解いただき、お許しいただければ幸いです。

輸入品の販売についての当店の考え方
ヤマザキ屋のヨーロッパメーカーとの直取引は10年以上になります。
特に、クロケット&ジョーンズ社、ハインリッヒ・ディンケラッカー社、ステファノ・ビ、ピーター・カイザー社、フランコ・バリン社、ティエリー・ラボタンなどの会社とは、定期的な展示会での発注を中心に深い信頼関係を築いてまいりました。

ヤマザキ屋では、代理店を通さず、ヨーロッパのメーカーと直接取引することにより、中間マージンをなくし、できる限りお買い得なお値段で販売できるように心がけてまいりました。

さらにヤマザキ屋には、個人輸入ではできない迅速確実な配送と、送料の無料化(5000円以上お買い上げの場合)、サイズの交換の無料化、お手入れの無料サービス、修理のご奉仕価格など、靴専門店ならではの安心なサービスとアフターサービスがございます。

なお、円高、円安など為替の変動により価格が上下いたしますことをご理解いただき、お許しいただければ幸いです。

当店で靴の修理致しております。
ヒールのお取り換え、本底取り換え、などお気軽にご相談くださいませ。